地下水で地震予測をする|地震予測を行なって自然災害の被害に遭わないようにしよう

地震のシミュレート

地震が起きてしまった場合を想定して、一度シミュレートを行なっておくといいでしょう。シュミレートを行なうことで予行演習になるので、実際に災害が起きてしまってもきちんと対応することが出来ます。

地震が起きた後向かうべき場所ランキング

no.1

1位【避難所】

地震が起きた場合に向かうべき場所として1位は【避難所】になっています。避難所にはある程度の設備が整っているので数日の生活であれば支障は起きないでしょう。建物自体も頑丈になっているので余震がきても安心できるでしょう。

no.2

2位【高台】

地震が起きた後に向かうべき場所に【高台】がランクインしています。その理由として、地震の二次災害として怖い津波が関係しているのです。津波の被害を避けるためにもなるべく早めに丈夫な建物の高い場所に登るようにしましょう。

no.3

3位【ひらけた場所】

地震は一回で終わるとは限りません。避難中にも余震が発生してしまい、被害を受ける可能性もあるのです。そのため余震が起きてしまっても落下する物がないひらけた場所がランキングで3位になっています。

no.4

4位【公園】

地震後に向かうべき場所として【公園】が入っていますが、これは3位の【ひらけた場所】と同じ意味を持っています。また、公園の場合だと水道やトイレなどが利用できる可能性があるので、一時的に生活することも出来ます。

no.5

番外編【自宅】

もし、自宅にいる時に地震が発生してしまった場合は、どこにもいかずそのまま地震が収まるまで身動きを取らないほうがいいケースもあります。焦って外に飛び出してしまうと思いがけない怪我をしてしまうこともあるので、状況判断を行なってから避難しましょう。

地下水で地震予測をする

男女

地震の前兆

地震の前触れを察知する方法には、地震雲や動物の異常行動などがあります。これらの前触れに関してははっきりとした根拠を得ることが難しいため、あくまでも参考程度の情報として扱われています。

地下に着目する

地震は我々が生活する地面で起きています。正確には地面よりも更に下に位置するプレートが関係しています。「一番地震の影響を受けるのは地下ではないか?」とある学者が考え、そこから地下への研究が進んでいったのです。

地下水と地震の関係

地震と地下水には関係性がある、と外国の大学から発表がありました。地震が起きる兆候があると地下水の性質が変わるということが発見されたのです。外国では主に地下水の成分を研究していますが、日本では地下水位の変化を主に調べていたのです。

期待されている

地下水を利用した地震予測は、日本でも取り組まれています。海外のように成分を検査するようになってきていますが、まだまだデータが足りないため確証にまでは至っていないです。これから多くのデータが集まり、地震予測に役立っていけばいいですね。

広告募集中