地震が起きた場合の対策|地震予測を行なって自然災害の被害に遭わないようにしよう

築年数を考える

自宅にいる時に地震が起きた場合、室内に残るか外に避難するかで迷う可能性があります。その場合、自宅の築年数が30年以内であれば、倒壊のリスクが下がってくるため自宅にいても問題ないとされています。しかし揺れの強さや状況に応じて対応するのがベストとなっているため、しっかりと判断して決めましょう。

意外と知られていない安全な場所まとめ

【玄関】

玄関は家の中でも意外と安全な場所となっています。理由としては建物の内部の中でも玄関周辺には太い支柱が構造上多いとされているので倒壊しづらいとされています。

【広場】

学校やビルなどにもちょっとした広場があります。こうした広場は落下物による怪我を回避することが出来ます。建物から出てしまったり、狭い場所に避難したりすると逃げる場所が限られてしまうため、急なトラブルに対処できないのです。

【地下】

地下は地上にいるよりも落下物や倒壊に巻き込まれる心配がないので安全です。しかし、ガスや水漏れなどの被害を被りやすいので注意が必要になってきます。地上に避難するタイミングもきちんと見計らって避難するようにしましょう。

地震が起きた場合の対策

防災グッズ

地震の規模

地震はいつ起こるか分からないですし、震度も大きくなる可能性もあります。初めは小さな揺れだったとしてもいつの間にか大きな揺れに変わっているということもあるので油断しないようにしましょう。

倒壊も注意

地震が起きると規模にもよりますが、様々な建物や建造物が倒壊していきます。建物が倒壊した場合にはガラスの破片などがたくさん散らばってしまうため、避難する際は必ず靴を履いて逃げるようにしましょう。

避難経路を知る

地域によって地震や災害が起きた時のために、避難経路が定められています。地方や自治体によって定められている避難経路は安全度が高いとされている道になっています。地震予測サイトなどにも、避難経路が紹介されていることがあるので事前に確認しておくようにしましょう。

広告募集中